07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

燃料電池車

2007.08.15 (Wed)

2008年から発売開始!って各社記事で言ってるFCXコンセプト
みんな記事の書き方のせいで08年にFCX量産販売??って思ってる人も多いと思います、自分も最近までそう勘違いしてました

本田技研の藤本幸人氏の話では
要するに、「発売」とか「限定発売」と言ってはいるけど、実際にはリース販売「低料金で貸し出す」って言うのが本当のところだそうです。

「福井威夫社長は車両原価について『年20台から30台の生産規模で1億円を相当割り込むレベルになった』と、コスト低減も着実に進んでいることを示した」

っと記事には書いてあるので
車両価格を9000万円と設定してそれを6年で償却すると考えて72か月で割ると、毎月のリース料は125万円・・償却を10年としても月75万円
(´・ω・`)た、、高すぎる

量産化すれば試作車の10分の1程度まで値段は下がるらしいけど
1台あたり安くできても400、500万くらい?
ハイブリッドなプリウスでさえ発売当初は売れば売るほど赤字になる車
それでも最近はやっと良くなってきたみたい

でも、それはハイブリッドだからの話で
ガソリンを使わないFCXにはまだひとつ大きな欠点があるんですよね

そう!燃料の補給施設『水素ステーション』が全然ないって事・・。
FCXを売りにだしても補給施設が無い
補給施設を先に作ってもなかなか浸透しないので採算が取れない

もう色んな事情の板ばさみ(´д`;)

なので現実かどうかはおいておいて、電池車を作ってるメーカーは、まず自分達のための車システムを作ったらどうなのかと思う

例えば、ディーラーの社用車を旧FCXや新FCXに交換し
ディーラーにそういった車種用の補給設備を追加
全店にってなると大変なので、まずは試験的にでも主要都市にある店数点に設置してどんどん拡大していけば、ガソリンスタンドと同程度、各街に存在するディーラーがそのまま補給施設になるので上で言った悪循環は最小に留められないかなぁなどと想像してみたりしてます

個人的にFCXみたいな車は買えるなら欲しいので頑張ってもらいたいところですね
初代FCX(海外では結構走っているそうです)日本では法人向け販売?
fcx.jpg


↓次世代FCXコンセプト
fcx-thumbnail2.jpg


違うメーカーではより現実的な電池車も開発中
例えば、あともういっぽってところまで来てる三菱重工の
『i MiEV』


i_MiEV.jpg

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/eco/index.html
街乗りでは十分なスペックを持っているので、あとは昼間の電力需要などへの影響なんかをクリアすればすぐにでも実用化できそうかも?
スポンサーサイト
07:03  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cb400ss.blog18.fc2.com/tb.php/929-f8e7ad83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。