09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

あんたもかい!

2007.10.31 (Wed)

(´・ω・`)赤福に続き御福餅も立ち入り調査で販売休止になってしまいました

これで赤福みたいな餅は全部アウトですね
逆にこの機に新しいメーカーが空白の赤福部分に進出するのか
また活動再開まで沈静化するのか、今後に期待かな


ほかにも偽装問題は相次いでます例えば
・高級料亭「吉兆」のグループ会社「船場吉兆」(大阪市)が福岡市の百貨店・岩田屋の店舗で消費期限や賞味期限を改ざんした菓子を販売していた問題

・宮崎県産のブロイラーを「地鶏」と不当に表示してネット販売していた百貨店の山形屋(鹿児島市)に対し、公正取引委員会は30日、景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして警告した

・北海道帯広市の食料品卸問屋「西嶋商事」(西嶋博文社長)が中国産の乾燥ワカメを「三陸産」と不当表示販売

・日本畜産:黒毛和牛コロッケ交雑種混入 福山市など立ち入り調査 /広島

・北海道だけでなく全国の「食の安全」を揺るがしたミートホープ(苫小牧市)の牛ミンチ偽装事件

・秋田県大館市の食肉加工製造会社「比内鶏」の偽装表示問題

・名古屋コーチン偽装問題:孵化業者に誓約書 県、交配禁止で提出要請 /愛知


同じくお客さんに食べてもらう物を作ってる側からの意見ですが
こんなのはあまり問題にはならないと思います。
問題にならないというよりは、それすらも翳むほど、いまの世の中
まともな物がないのが現状です。

何処のスーパーへ行ってもあることですが
並んでいる食べ物を良く見ると、どれもこれも材料が不明なものばかり
これでお金を取っていいの?ってものも多々あります

調理されたものだけじゃなく、一般の人にはあまり知ってる人も少ないと思いますが、調味料の中にも名前は同じ物でも実はまったく別の物が材料だったりするものがあります。

最近では名前を多少変えてるものもあります
味醂風調味料やトロミ粉などなど

ちなみに偽物と本物は加熱して見ると違いが一目瞭然です
味噌などは典型ですが、火であぶって食べれば美味しい味噌は香ばしくて美味しいのに対して、化学調味料や質の悪い豆を使っているとえぐさが出て食べられません

ちなみに味醂と味醂風調味料では材料、製造工程がまったく違います

味醂
原材料はもち米、米麹、と焼酎。麹には日本酒と同様に黄麹カビが使われます。 蒸したもち米と米麹を焼酎と混ぜて、約20度の温度で2~3ヶ月ほど熟成させます。 この間に麹の作用でもち米のデンプンが糖分になり甘味が出ます。またタンパク質がアミノ酸になって、 香りと複雑な旨みが生まれます。圧搾・濾過します。製品によってはこれをさらに数ヶ月から数年熟成させてから 出荷

味醂風調味料
酒税のかからない 1% 未満のアルコールに、みりんの風味に似せて化学調味料や水飴等の糖分その他を加えて作る。
また、10%–14% のアルコールを含む物は、食塩を1.5 g/100 mL 以上含む、酒税のかからない発酵調味料もあります

なぜみりん風の方が今多いのかといえば、酒税がかからないのはもちろん大量生産、低価格、長時間発酵させる手間が要らないなどの理由から人気があります

これが問題で、鶏肉で言えばブロイラーがこれにあたります

醤油や味噌、ベーコンなどなど手間のかかるものはほとんどが○○風って表示したほうがいいんじゃないかって物ばかりです

一度自分の家にある調味料からチェックしてみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト
00:07  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cb400ss.blog18.fc2.com/tb.php/1021-2ddebd94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。